SERVICE

[マネジメントDX] IT化構想 確立支援コンサルティング

経営視点に沿った業務とシステム運用のあるべき姿を策定し、
最適なIT戦略・システム構想の実現をサポートします。

DX・業務改善・生産性向上の実現に向け、IT戦略・ITシステム化構想を
可視化させる

システム導入だけではなく、
IT戦略に沿った業務の理想形を実現

働き方の変化に伴い、さまざまな業務においてSaaS型のクラウドサービスの導入・活用が広がっています。

タナベコンサルティングでは、業務とシステムの両面から分析を行い、マネジメントと現場の両視点から貴社の業務とシステム運用のあるべき姿を策定し、IT戦略・IT化構想を策定します。

業界の知見を有する戦略・会計・業務・ITコンサルタントがワンチームとなり、本プロジェクトをけん引いたします。

DX・業務改善・生産性向上の実現に向け、IT戦略・ITシステム化構想を可視化させる

IT化構想 確立支援コンサルティングの全体像

IT化実現に向け、大きく2つのフェーズで展開します。フェーズ1では、現状の業務とあるべき業務の姿を可視化し、抽出される課題に対するシステム化の方針やスコープ・スケジュールなど、システム導入における全体計画を策定します。

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_DXビジョン・DX戦略策定支援の全体像

IT化構想 確立支援コンサルティングのポイント

大手~中堅企業における、経営的視座に立脚したビジョン・戦略コンサルティングと、業界知識・専門知識に特化した専門コンサルティングチームのメソッドを駆使し、貴社ならではの固有のIT戦略・IT化構想を描きます。

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_経営の実態を踏まえた最適な改善策の設計

経営の実態を踏まえた
最適な改善策の設計

取り組みの優先順位を含め、業務改善・生産性向上の視点での改善策を設計することで、部分最適・つぎはぎではない、最適なIT戦略・ITシステム化構想の実現を目指します。

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_IT運用段階までを視野に入れた社内推進体制

IT運用段階までを視野に
入れた社内推進体制

経営の成果に永年向き合ってきた経験を踏まえ、IT化に向けたシステム運用段階までを視野に入れた、構想実現のための社内推進体制を確立。
デジタル・ITに対する理解やナレッジ蓄積までをサポートします。

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_業界理解・専門知識に長けたコンサルタントによる支援

業界理解・専門知識に長けた
コンサルタントによる支援

タナベコンサルティングの有するノウハウによる多面的なサポートを実施。専門コンサルタントによる貴社課題専門チームでサポートを実施します。

フェーズ1. 調査・分析

経営幹部や管理者へのインタビューや現場業務ヒアリングを通じ、業界特有の業務プロセスを踏まえ、業種および企業規模に応じたあるべき姿のIT化に向けた課題の可視化やボトルネックとなる課題の抽出を行います。その後、経営としてシステムに求める課題と、業務上で問題となっている課題の平衡点を検討し、システムで解決すべき課題の整理を行います。

業務プロセスにおける課題の可視化

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_業務プロセスにおける課題の可視化

【達成した状態】

  • ・運用・システム両面において業務プロセスが可視化され、課題が整理されている状態。
  • ・関係部門へのヒアリングが実施され、現場と経営で課題認識が統一された状態。

【構築するツール・仕組などの例】

  • ・As-Isシステム鳥瞰図の作成
  • ・システム全般(基幹システム及び業務系システム)における問題点の整理表一覧

基幹システムを含むIT化全体像のあるべき姿の設計(仮説設計)

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_基幹システムを含むIT化全体像のあるべき姿の設計(仮説設計)

【達成した状態】

  • ・経営上重要な課題が定義され、基幹システムを含むIT化全体像のあるべき姿が可視化されている状態。
  • ・業務改善・生産性向上

【構築するツール・仕組などの例】

  • ・経営課題と紐づく運用/システム課題の優先順位一覧の作成
  • ・システム導入による業務改善での新業務フロー案

フェーズ2. IT化構想確立

重要課題・貴社基幹システムのあるべき姿を可視化した調査・分析結果を基に、目指すべきIT戦略・IT化構想として体系的にまとめ、可視化された各種システムの利活用状況を踏まえて、改善すべきポイント・着手すべき優先順位などを整理します。

目指すべきIT戦略・IT化構想まとめ

IT戦略・IT化構想 確立支援コンサルティング_目指すべきIT化構想まとめ

【達成した状態】

  • ・貴社が目指すべきIT化構想として、IT戦略マップ、目標とするIT環境、システム構成図などが体系的にまとめられており、To-Be(あるべき姿)が明確になっている状態
  • ・IT戦略の推進体制や業務改善施策、実行スケジュールが明確になっている。(アクションプランの明確化)

【構築するツール・仕組などの例】

  • ・To-Beシステム鳥瞰図の作成
  • ・アクションプラン(実行推進計画)の作成
  • ・生産性を向上させる業務改善策
  • ・ベンダー各社提案書サマリの作成(必要に応じて作成)

コンサルティングスケジュール

業務とシステムの両面から分析を行い、マネジメントと現場の両視点から貴社の業務とシステム運用のあるべき姿を策定し、IT戦略・IT化構想を策定します。

コンサルティングスケジュール

IT戦略・IT化構想の策定が重要な理由

DXとIT化の違いとは?

  • ITは「Information Technology(インフォメーションテクノロジー)」の略で、コンピュータやネットワークといったデジタル技術のことを指し、デジタル技術を活用して、業務を効率化し、生産性を向上することをIT化と言います。
    DXとは「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略で、デジタルによる「変革」を指します。DXは、IT化を通じてビジネスモデルそのものを変革し、それに応じて組織や働き方を変革することで、企業は競争優位性を獲得することができます。要するにIT化はDXの手段であるため、DXの実現にはIT化から取り組むことが必要となります。

DXに向けたIT化に取り組む際の3つのポイントとは?

  • ①データを電子化すること
    営業の活動記録や、工場の生産記録などの紙のデータを電子化する、つまりIT化することをまず考えましょう。
  • ②リソース(人・時間・予算)を創出すること
    既存の業務のIT化に取り組むことで、業務を効率化し、生産性を向上させ、DXのための原資を創出することを意識しましょう。
  • ③DXに対する企業・社員のマインドの醸成
    IT化を進め、成功体験を積み重ねることで、DXに積極的に取り組もうという雰囲気、つまりマインドを醸成することができます。

コンサルティング事例

荷主と顧客のラスト・ワンマイルを担うビジネスモデルの追求
システム導入方針の決定と業務の可視化

神奈川県横浜市の配送事業者、株式会社若葉ネットワークは、成長戦略に沿ったシステム基盤の構築と属人化や非効率業務の排除を目指して、タナベコンサルティンググループと共にIT戦略の立案、IT化構想に取り組みました。

現状の業務内容を可視化した結果、多くの業務がエクセルや紙による管理であり、情報が分散していることが明らかになり、これを解消するため、品質管理、請求/支払情報管理、シフト管理、ドライバー情報管理のシステム化を進めました。
具体的には、事故情報やクレーム情報の分析、確実な請求/支払の算出、情報一元化とシフト管理をシステム対応方針として決定しました。また、ERPの導入を機にグループウエアの導入や電子帳簿保存法への対応、勤怠システムのリプレイスなど、更なるIT化の推進にも挑戦しています。

サービス資料
IT化構想 確立支援コンサルティング

DX・業務改善・生産性向上進むべきIT化構想を可視化させる

詳細はこちら
IT化構想 確立支援コンサルティング

FAQ

ITシステム最適化構想とは具体的にどういったものでしょうか。
現在の業務を業界固有のプロセス、経営実態を踏まえて棚卸・可視化し、業務とシステムの両面を効率性と標準化の観点から分析したうえでIT化に向けた全体像を描きます。
構想化はどういった進め方になるのでしょうか。
一般的にプロジェクト型で進めます。原則毎月1回プロジェクト会議にて進捗と意思決定を行い、他に個別ヒアリングや一部ベンダーとの交渉に同席もさせていただくことがあります。
システム選定にあたりタナベコンサルティンググループのシステムが推奨されるのでしょうか。
弊社はベンダーフリーで支援しており、貴社の経営目的を正しく捉えた客観的な分析に基づく最適なシステム構想を描いたうえでのベンダー及びシステム選定を行います。
構想完了後の支援はできるのでしょうか。
PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)型の支援が可能です。
貴社の開発実装を開発ベンダーと貴社との間に入りながらアドバイスいたします。
既存のシステムを軸とした、IT戦略の構築・ITシステム化を進めることは可能でしょうか。
可能です。既存システム周りの業務及びデータ連携状況を可視化し、シームレスな情報連携を行えるシステム構想を描くことは本ソリューションの特徴の一つであります。
IT戦略の構築からITシステム化に伴う成果を、どのように評価するのでしょうか。
フェーズ1において業務及びシステムを可視化する中で現状の業務量(時間・金額)を調査いたします。
フェーズ2以降において設計・構築していく段階において改善効果を投資採算シミュレーションいたします。
また、実行段階においても継続的に同様の効果測定を行います。
IT化・システム化以外のコンサルティングサービスを提供いただくことは可能でしょうか?
可能です。IT化・システム化はあくまで手段であり目的ではありません。ゆえに目的であるビジョン、戦略の構築支援や実行推進のための業務改善支援及びデジタル人材育成を目的としたオーダーメイド型の教育もコンサルティングサービスとして有しており、ワンストップで支援が可能です。
コンサルティングサービスのプロジェクト期間はどのくらいになるのでしょうか?
スコープ(対象範囲)により変動しますが、標準ではAS-ISを4か月、TO-BEを4か月で想定しています。
コンサルティングサービスを利用するために必要な要件は何でしょうか?
要件は特にございません。未来志向で経営目標達成のためにデジタルを最適な手段として活用したいという想いを、セッション時に忌憚なくご意見くだされば問題ありません。
コンサルティングサービスを利用する前に準備するべきことは何でしょうか?
現在のシステム及びネットワークの状況を把握できる鳥観図や業務の一覧表などがあると助かります。
※現状整備されていない場合であっても問題ございません。
社内に専任の担当者がいないのですが、大丈夫でしょうか?
担当者のみと行うプロジェクトを想定していないため問題ございません。むしろ、今後のIT経営を推進いただきたいメンバーを組成いただければ幸いです。
コンサルティングサービスのプロジェクトとはどのようなメンバーで構成されるのでしょうか?
プロジェクトオーナーに会社を代表する社長様、社内システムに携わっている方、及び各業務の責任者の方で組成されることが一般的です。
診断コンテンツ
解決すべき「DX課題」を特定できる
  • 無料
  • 診断特典付き
  • 最短で5分でできる
「DX診断」
DXナレッジ

関連記事

SERVICE関連サービス

ERP導入支援コンサルティング

迫りくる「2025年の崖」に対し、既存のレガシーシステムにおける課題を会社の成⻑戦略に沿ったシステム基盤の策定によって解決

RPA導入支援コンサルティング

経営視点にたち、導入効果の高い業務からRPAを導入
何が大事かを正しく見極め、コア業務への集中を

DXビジョン&ロードマップ
構築・推進支援コンサルティング

自社に最適なDXストーリーを描き、DXを軸とした企業の在り方を変革するとともに、成果創出を目指す

建設業DX Cloud 経営プラットフォーム
コンサルティング

基幹業務から始めるデジタル化支援で業務改革と迅速な意思決定を実現する体制を構築

ABOUT
TANABE CONSULTING

タナベコンサルティンググループは「日本には企業を救う仕事が必要だ」という
志を掲げた1957年の創業以来、66年間で大企業から中堅企業まで約200業種、
17,000社以上に経営コンサルティングを実施してまいりました。

企業を救い、元気にする。私たちが皆さまに提供する価値と貫き通す流儀をお伝えします。

コンサルティング実績

  • 創業 66
  • 200 業種
  • 17,000 社以上