STUDY

パーパス経営完全ガイド
~成功事例から社内浸透のポイントまで徹底解説~

世界で注目をされ、日本でも取り組む企業が増えてきたパーパス経営。
なぜ注目され必要とされているのでしょうか。また、取り組みを推進したいが何から行えばよいか分からない、という企業も多いのではないでしょうか。
今回はパーパス経営が注目される理由、成功事例から社内浸透のポイントまで一挙に解説いたします。

パーパス研修~パーパス策定と経営力の育成を推進~

パーパス経営とは?

企業が存在する意義(パーパス)を掲げてステークホルダーに共有し、従業員一人ひとりがパーパスに基づいた課題解決に取り組み、成果を上げる経営がパーパス経営です。現在、世界規模で取り組まれているパーパス経営は日本企業にとっても必須と言える取り組みの1つです。

パーパス経営が注目されている要因として、近年の世界・日本の社会的関心や価値観の変化があげられます。具体的には主に3つ挙がります。

①サスティナビリティへの関心
②ESG投資への注目
③ミレニアル世代以降の消費行動

下記コラムでは、パーパスが注目されるこの3つの理由から概要、導入するメリット等を解説いたします。ぜひご覧ください。

パーパスドリブンについて

企業経営における「パーパス」とは、自社の社会的な存在意義を踏まえて理念を明確にすることと、その概念を言語化して端的な言葉として表現したものを指しますが、顧客に自社のパーパスを伝えるためには、もちろんサービスや商品に反映することが重要です。
そのサービスを生み出す過程でのさまざまな課題をパーパスドリブンで解決することで、企業とステークホルダーと社会が一体となり、価値のある持続的な事業を展開できます。

下記コラムでは、このパーパスドリブンの概要から経営に活かす考え方をご紹介します。ぜひご覧ください。

パーパスとMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の関係

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは

(M)ミッション:企業が果たすべき使命
(V)ビジョン  :企業が目指す未来像や構想
(V)バリュー  :企業の価値観や行動指針

であり、必ずしも社会貢献を目的としない点、また"今"ではなく"未来"に焦点を当てている点でパーパスとは異なるものの、近年ではミッションに社会価値の要素を盛り込む企業も増えており、パーパスと掛け合わせてアップデートする企業が多くなっております。

下記コラムではパーパスとMVVを再整理し、長期ビジョン構築・中期経営計画策定に生かす方法についてご紹介します。ぜひご覧ください。

パーパスを社内浸透させるためには

パーパスの設定ができたもののパーパスが、社内外に浸透していない企業も多く見受けられます。
社内外に浸透をさせるために企業が取り組むべきことは何でしょうか。

下記コラムではパーパス経営の成功事例から、パーパスを浸透させるためのポイントについてご紹介します。ぜひご覧ください。

日本企業におけるパーパス経営の成功事例

パーパス経営に取り組む中でも、浸透させるだけでなく成果に繫げなけれなりません。どのようにして成果に繫げていけばよいのでしょうか。

下記コラムでは日本企業が実施しているパーパス経営の事例や考え方・メリットなどについて解説いたします。ぜひご覧ください。

パーパス経営で企業ブランディングを実現する方法

パーパス経営が広く普及してきた理由の一つにSDGsやESG、CSRなど企業の社会的責任の重要度が増しているという点も関係しています。
株主、投資家、顧客、消費者、従業員、地域社会など企業を取り巻く全てのステークホルダーが、企業の社会的使命と責任を注視していおり、企業のブランディングとも直接つながっていきます。

下記では、パーパス経営で企業ブランディングを実現する方法について解説いたします。ぜひご覧ください。

「パーパス研修」で社内育成から始める

こんなお悩みはありませんか。

  • ・経営層・検討メンバーが多忙により集結できず、検討・策定が進まない。
  • ・パーパスについての社内理解が浅く、自社の存在意義やMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)、SDGsへの貢献などをどのように策定すれば良いか分からない。
  • ・社内体制が整っておらず、パーパス策定から事業計画に落とし込み推進するところまでトータルサポートしてほしい。
 

経営コンサルティング会社として約200業種、17,000社以上の支援実績を持つタナベコンサルティングでは、パーパス経営に向けたパーパス策定・浸透と経営力を育成するパーパス研修を行っております。
パーパスとは何かの説明から、具体的に戦略に落とし込む際のポイントまで、実際の策定プロセスを意識した研修を行います。
サービスの詳細は以下よりご確認ください。

パーパス研修~パーパス策定と経営力の育成を推進~

ABOUT

タナベコンサルティンググループは
「日本には企業を救う仕事が必要だ」という
志を掲げた1957年の創業以来、
66年間で大企業から中堅企業まで約200業種、
17,000社以上に経営コンサルティングを実施してまいりました。

企業を救い、元気にする。
私たちが皆さまに提供する価値と貫き通す流儀をお伝えします。

コンサルティング実績

創業66
200業種
17,000社以上