COLUMN

2022.09.30

今なぜ、ホールディングスグループ経営が求められているのか?

近年、事業承継を迎える企業増加の影響もあり、M&Aや分社化などを戦略的に進める企業が増加しています。現状、ホールディングス化を検討している、もしくはすでにホールディングス化を取っていますが、グループ化された企業経営をどのように進めるか悩まれている経営者が多いと思います。
そこで、グループ経営をうまく推進するためには、何を重点的に整備しなければならないかをご紹介します。

  • ホールディング経営

今なぜ、ホールディングスグループ経営が求められているのか?

そもそもホールディング経営とは

ホールディング経営とは持株会社(ホールディング会社)が親会社となり、傘下である子会社の管理や戦略立案を行なう体制のことを言います。
なお、持株会社とは他の株式会社をコントロールする為、その企業の株式を保有する会社のことを指します。
ホールディング経営により、持株会社は戦略上の意思決定や財務リスクの管理に専念し、事業会社は事業遂行によって利益追求に専念するといった役割分担を行なうことができます。

ホールディング経営のメリット

ホールディング経営のメリットは、組織戦略において、事業会社が自律性の高い経営ができ、経営と事業の分離による監視機能の強化が図れるといった点が挙げられます。
また財務・資本戦略の面においても、長期的な視点で株価の抑制が可能になり、他の施策との組み合わせによって大きな節税効果を得られるというメリットもございます。
他にも人材戦略の観点で、最終ゴールを経営者とした社員の育成や採用が可能になり、戦略リーダーが育ちやすい風土になるといったメリットも挙げられます。

ホールディング経営のデメリット

ホールディング経営のデメリットとしては、グループ管理規程の整備や内部統制制度の導入など、管理機能に関する負担(コスト)が増加する点、事業経営者に経営全体を任せる形にはならない点などが挙げられます。

グループ経営で大切な5つのポイント

グループ経営で確立すべき仕組みとは?

これらの課題に対して、あるべきグループ経営とはどのようなものかを述べていきます。
目指すべきグループ経営とは、

  1. グループ経営としての共通した価値判断基準が存在している。
  2. 各事業会社よりグループ全体の最適化を優先する
    (シナジー・事業ポートフォリオによる全体最適化)
  3. グループ本社によるグループ全体におけるガバナンス構造
  4. グループ本社によるグループ全体のマネジメントシステム
  5. グループのオペレーションコストを最小化する仕組み

の5つがしっかりと確立している経営体制のことです。

では、5つのテーマとその内容について説明します。
グループ経営システムにおける5つのテーマとは、

  1. グループ理念の策定
  2. グループ経営企画機能の確立
  3. グループガバナンス機能の確立
  4. グループマネジメント機能の確立
  5. シェアードサービス機能の確立

です。

1つ目のテーマは、「グループ理念の確立」です。当然、多事業であることから各事業会社の事業理念等はすでに存在している場合が多いですが、グループとしてのミッション、ビジョン、バリュー(価値観)を明確にする必要があります。また、そのグループアイデンティティを策定するだけではなく、社内外にどのように発信、浸透させるかも決めることが大切です。

2つ目のテーマは、グループ企業価値(シナジーとポートフォリオ)の最大化を実現する戦略、方針、計画を立案する「グループ経営企画機能」の設計です。具体的には、グループビジョンマネジメント、事業ポートフォリオ(資源配分)の決定、グループ事業計画(予算)の策定、グループブランディングをどのように実施、運用していくかのルール・仕組みを構築することです。

3つ目のテーマは、グループとしてのルール、意思決定プロセス、権限と責任を明確化する「グループガバナンス機能」の設計です。具体的には、ホールディングカンパニーと事業会社のどちらにどこまでの責任と権限を持たせるか、その意思決定プロセスをどうするか会議体も含めて設計します。それ以外にもコンプライナンス・リスク管理や事業会社の監査制度なども含めたグループ諸規定の整備が必要です。

4つ目は、グループ全体を管理・評価するマネジメントシステムで、特に事業会社の業績向上を実現する「グループマネジメント機能」の設計です。具体的には、グループ管理会計システム、グループ業績マネジメント、グループ人材マネジメント、グループCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)の設計になります。仕組み自体の構築になるが、この部分はどこまでシステム化するかも見据えた設計が不可欠です。

5つ目は、共通オペレーションの集中処理を実現する「シェアードサービス機能」の設計です。グループ全体におけるオペレーション業務の集中化と効率化が目的ですが、当然事業会社で実施したほうが良い業務もあり一概にすべてを集中化するものではありません。どこまでの業務をホールディングカンパニーで実施するかを判断する必要があります。一般的には財務会計、財務、債権回収管理、労務管理、給料関係、ITインフラ等を集中化することが多いです。

特に大切なことは、グループ経営実現に向けて5つのテーマを全体の整合性をとりながら、スケジュールに沿って確実に推進していくことです。その意味では、部門横断での推進体制確保が不可欠であり、全社での取り組みと協力が必要になります。

ホールディングスグループ経営の推進をご検討の場合には自社の現状を分析することが重要です。現状分析用チェックリストは下記より無料でダウンロードいただけます。

また下記オンデマンドウェビナーでは、ホールディングス化の体制構築から運用まで2社の具体的事例を交えてご紹介します。

その他、下記コラムではグループ経営プラットフォームとしてHDCを機能させるステップや持株会社設計の際の留意点などについて紹介していますのでぜひご覧ください。

無料相談会

ホールディング・グループ経営課題 無料相談会

ABOUT

タナベコンサルティンググループは
「日本には企業を救う仕事が必要だ」という
志を掲げた1957年の創業以来、
66年間で大企業から中堅企業まで約200業種、
17,000社以上に経営コンサルティングを実施してまいりました。

企業を救い、元気にする。
私たちが皆さまに提供する価値と貫き通す流儀をお伝えします。

コンサルティング実績

創業
200業種
17,000社以上