<参加ポイント>
◇ 業種・業界関係なく、グローバルビジネスに関わる方と意見交換・交流ができる
◇ 他社の取り組みについて学べる
  ・新たな展開国を探している  
  ・進出先でより事業を拡大していきたい  
  ・協業パートナーを探したい
◇ 講義やディスカッションを通じて、
自社の海外戦略をブラッシュアップできる

イベント概要


今や、企業成長において欠かせない海外事業。
一方で、日々刻々と変わる世界情勢への対応は、計り知れない労力が伴います。

特に近年は、世界的なインフレ、中国経済の減速、進む円安など、乗り越えなければならない壁が多く、各社試行錯誤を続けておられるかと拝察いたします。海外市場特有の不安要因はあるとはいえ、加速度的な人口減少と成熟化する社会経済下の日本のみでの成長には限界があるため、海外事業への取り組みを強化されている企業は年々増加しています。

弊社が、4月に発表した「海外事業に関する企業アンケート調査」でも、停滞する国内事業とは対照的に海外事業の業績見通しについては「増収増益」の回答が最多でした。このような中で、海外事業を担う皆さまが悩みや気づきを共有できる場として、「海外事業MTG」を開催いたします。

本イベントは、
グローバルでビジネス展開を推進しているメンバーで集い、
講義や座談会で課題を共有し合いながら、業務に直結する情報をインプットいただける場
です。

講義では、弊社が2024年4月に発表した「海外事業に関する企業アンケート調査」で見えてきた、
海外進出・拡大を加速させるポイントや、シンガポールやインドネシアなどASEAN地域の現地最新情報、クロスボーダーM&Aの状況などもお伝えをいたします。

業種業界を越えて、グローバルビジネスを展開する事業者同士の人脈形成に、
本ミーティグをご活用ください。



アジェンダ


●15:00 開会のあいさつ
●15:05 
オープニング講義
●15:20 
座談会 part1
●16:05 休憩
●16:15 
座談会 part2
●17:00 
まとめ講義
●17:15 閉会のあいさつ


ファシリテーター


株式会社タナベコンサルティング
取締役
村上 幸一

VCにおいて投資先ベンチャー企業の戦略立案、マーケティング、フィジビリティスタディ(事業性評価)など多様な業務に従事。豪州での現地工場の設立と運営、米国の大学とのTLO(技術・特許移転)を通じた大学発ベンチャー企業の日本市場開拓支援など、国境を越えた産学連携の実績を有する。タナベコンサルティング入社後は、事業戦略策定を軸に、ビジネスモデルの立案、新規事業開拓支援、M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスなど多岐にわたるコンサルティングに従事。戦略コンサルティング事業部の東京担当役員。

グローウィン・パートナーズ株式会社
(タナベコンサルティンググループ)
フィナンシャル・アドバイザリー事業部
海外FA部 部長
田内 恒治 氏

日本企業の海外戦略立案、実行支援コンサルティングを多数実施。前職では自社の東南アジア事業拡大にも関与し、ホーチミン事務所長を経験。アジア欧米の幅広いネットワークと知見を活用した海外戦略立案、パートナー探索からクロスボーダーM&A、戦略的資本提携の実施に至る一気通貫のアドバイス業務に従事。

開催概要

講演名
海外事業ミーティング
日時
2024年7月25日(木)15:00~17:20 (開場14:45~)
会場
TKPガーデンシティPREMIUM東京駅丸の内中央
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 丸の内中央ビル 12階
※会場にお越しいただくリアル開催のみ。web配信はございませんのでご注意くださいませ。
参加費
無料
定員
20社(1社2名まで)※定員に達した場合、抽選でのご案内となります。
申込期限
2024年7月22日(月)
主催
株式会社タナベコンサルティング
お問い合わせ
06-7177-4008(戦略総合研究所 伊葉・藤本)

【満員御礼】

お申込み人数が定員に達しましたのでお申込みを終了とさせていただきます。

申込受付終了しました。

※競合にあたる企業の方々および、個人事業主の方からのお申込みは、お断りさせていただく場合がございます。ご了承くださいませ。