こんな方におすすめ

  • 世代交代をむかえてバックオフィスを効率化したい経営者
  • バックオフィスシステムの活用に不満を感じている方
  • システムの保守切れ・更新が近づいている方

イベント概要

毎年訪れる保守/サポート更新、数年ごとに訪れる保守/サポート終了。
「システム利用料が高額すぎないか」「機能をあまり使いこなせていないのでは」といった、
常日頃からシステムへの漠然とした不満はあるものの、現場から具体的な不満があるわけでもないため、そのまま更新を行う等、未来を見据え、本来見直さなければならない検討を先送りしてしまうことが多いのではないでしょうか。

 本来、クラウドERPは企業経営の基本となる資源要素を適切に分配し、有効活用するための計画のことで、経営の効率化が実現しなければなりません。
もし、クラウドERPによりそのような効果が得られていないのであれば、クラウドERPが機能していないと言っても過言ではありません。

クラウドERPを軸に経営戦略を見直しをした上で、見るべき指標や最適な運用体制、製品の検討を行う必要があります。

そこで本ウェビナーでは、クラウドERPのあるべき姿やクラウドERPを機能させるための秘訣、企業成長の実現に向けたクラウドERPの活用事例等をご紹介します。
このウェビナーは、企業成長を目指す経営者にとって、有益な知見と実践的な指針を提供することを目指しております。将来の展望を見据え、自社のビジネスモデルと向き合い、市場での競争力を高めたいと考えている経営者の方に対し、参考になれば幸いです。

こんなことが学べます

  • そもそもクラウドERPが経営にどう役立つか、基礎を知りたい方
  • クラウドERPを効果的に経営に活用するためのポイント
  • 先進的なクラウドERPの具体的な機能・画面・活用事例

アジェンダ

【第一部】企業成長を導くクラウドERPのあるべき姿と活用事例
  -中小企業にこそ必要なクラウドERPとあるべき活用の姿
  -クラウドERPを機能させるためのステップ
  -企業成長を実現させるクラウドERPの活用事例

 【第二部】クラウドERPで実現するグローバル経営基盤強化
  -クラウドERP市場のトレンド
  -NetSuiteとは
  -NetSuiteの活用事例
  -NetSuiteの機能概要

登壇者

日本オラクル株式会社 
シニアチャネルマネージャー
織田 清史 氏

20年間外資系ERP直販営業として従事。
これまでOracleEBS、PeopleSoft、JDE、SAPなど複数ERPを経験。シニアチャネルマネージャーとして現在に至る。 
グローウィン・パートナーズ株式会社
(タナベコンサルティンググループ)
DX Solution部 部長
関根 大樹 氏

2011年にグローウィン・パートナーズに入社し、経理部門の再構築、経理業務のシェアードサービス化、会社分割における組織・システムの分離・統合等の案件に従事。ERP、会計、経費精算システム等多岐にわたるシステムインプリメンテーションを主導する等、コンサルティング事業のセールス&マーケティングマネージャーとして多くのIT企業とのアライアンスにより新規の顧客を創出。
株式会社タナベコンサルティング
執行役員
武政 大貴

財務省で金融機関の監督業務や法人企業統計の集計業務などを担当後、企業経営に参画したのち当社に入社。実行力ある企業(自律型組織)構築を研究テーマとして、見える化手法を活用した生産性カイカクを中心にコンサルティングを実施。生産性の改善を前提に、DXビジョン、IT構想化、ERP導入支援及びSDGs実装支援など世の中の潮流にあわせたコンサルティングメソッドを研究開発しながら実行力ある企業づくりにおいて高い評価を得ている。

開催概要

講演名
効果的なDX戦略で開く新時代
~システム更新の今が企業成長のターニングポイント~
日時
2024年7月25日(木)15:00~16:00
形式
オンライン配信(Zoom)
申込期限
2024年7月24日(水)
参加費
無料
主催
株式会社タナベコンサルティング 
お問い合わせ
03-6758-0073(光石)
注意事項
1.ご来場は不要です。ご自身のパソコンやスマートフォンからご視聴いただけます。
2.リアルタイム配信です。
3.通信料はお客様のご負担となります。
4.Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。

視聴登録はこちら

※競合にあたる企業の方々および、個人事業主の方からのお申込みは、お断りさせていただく場合がございます。ご了承くださいませ。

申込受付終了しました。